今後の日本は、ますます高齢化が進むので、医療や介護にかかる財源確保のためにも消費税の増税は免れないでしょう。 では、消費税はいつから上がるのでしょうか。 ・時期 ・条件 最初は、時期ですが、消費税は段階的に増税されていく予定です。 具体的には、税率8パーセントに上がるのが2014年4月、10パーセントに上がるのが2015年10月となっています。 次に、条件ですが、消費税は何があっても絶対に上げるというわけではないようです。 景気の動向なども考慮して、柔軟に対応するといわれており、経済成長率が名目で3パーセント、実質2パーセントを超えていることが消費税増税の条件とされています。 つまり、景気次第では取り消しということも考えられるらしいですが、実際は増税は免れないという考えの見識者が多いです。 消費税増税によって、一般消費者への負担は確実に大きくなりますよね。 しかし、低所得者への負担を減らすために、一部の生活必需品の課税率は低くする軽減税率も考えられています。